乳児湿疹の原因は何?【赤ちゃんの肌を守るアイテム】

家族

肌を保湿しよう

乳児

大人でも肌を保湿することはとても大事ですが、赤ちゃんの肌も保湿がとても重要です。その理由は、赤ちゃんの肌はまだバリア機能が弱いので外部からの刺激や影響に対応できない状態だからです。その為、乳児湿疹などの症状が起こってしまって赤ちゃんも辛い思いをしてしまいます。こういった症状を予防改善するには、赤ちゃん専用のベビーローションを定期的につけてあげるのがいいでしょう。ベビーローションは、赤ちゃんの肌に塗っても肌荒れが起こらないように作られています。原料は、香料、鉱物油、石油系の成分、パラベン、着色料などといった危険性のある成分は使われていない無添加の製品になります。最近であれば、オーガニック系のコスメを製造しているメーカーのベビーローションが注目されており、保湿効果のある成分も天然由来のものになっています。

それに、ベビーローションを赤ちゃんの肌に塗ることは抗炎症作用も期待できます。これは、製品によって異なりますが、カミツレ花エキスやラベンダー、ローズマリーなどの植物成分が入っているのが良いと言われています。こういった植物成分は、抗炎症や代謝促進などの効果を期待できますし、肌の皮脂バランスも改善できるので赤ちゃんの肌の力を高められます。ベビーローションだけでも十分に保湿効果は期待できますが、乳液なども同時に使用してみるといいでしょう。そうすることで、赤ちゃんの肌はより強くなります。現代で販売されているベビーローションや乳液などの容器も、衛生面にこだわったものが多いので安心して利用できます。ですが、一番おすすめなのは直接触らずにベビーローションを使えるポンプ式がいいでしょう。そうすれば、清潔な状態で使える環境を整えられます。